メニュー
なかはら歯科クリニック|江南市|一般歯科・小児歯科・歯周病治療・インプラント
お電話はこちらから 0587-51-1888

一般歯科

虫歯治療

虫歯について

虫歯治療

虫歯は、「ミュータンス」と呼ばれる細菌が歯に付着した糖を利用して酸を作り、その酸によって歯が溶け、やがて穴が開く病気です。

初期の虫歯は、自覚症状も無く痛みも伴いませんが、虫歯が進行するにつれ、患部に細菌が繁殖して広がり、歯が痛み始めます。そのままに放置すると、他の健康な歯にも影響を与える場合や治療に時間と費用がかかるようになりますので、早めに歯科を受診しましょう。歯が痛い・しみるなど、少しでも違和感がある場合は、早めにご来院ください。

進行度合い別の虫歯治療

虫歯の進行度合いには5つの段階があり、この段階および個々の患者様の状態に応じて、治療法もそれぞれ異なります。

  • C0 最初期
  • C1 初期
  • C2中期
  • C3 後期
  • C4 末期
  • C0の治療
    C0の治療

    穴が開く前の「最初期」の虫歯です。溝の部分に茶色い着色が見られることがあります。
    この段階のうちなら、歯を削ること無く治療を終えることができます。

  • C1の治療
    C1の治療

    表面のエナメル質まで虫歯が進行している状態です。ほとんど痛みが無く、虫歯に気づかないケースもあります。
    虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(プラスチック)や金属などの詰め物をするだけの簡単な治療で済むため、麻酔をしなくても痛みはほとんど伴いません。

  • C2の治療
    C2の治療

    エナメル質表層下の象牙質(エナメル質の下にある硬組織)まで、虫歯が進行している状態です。
    冷たい食べ物や飲み物などが歯にしみたり、噛んだ際に痛みを伴ったりします。
    虫歯になった部分だけを削り、詰め物をするだけの処置を行いますが、治療で削る歯質が多いようなら、全体を被せ物で覆うケースがあります。

  • C3の治療
    C3の治療

    象牙質の奥にある歯髄腔(歯の中の神経と血管が入っている空洞)まで虫歯が進行している状態です。
    さらなる細菌の侵入や、根っこの外への感染、痛みを防ぐために歯髄を取り除き、歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先にある歯髄の出入り口)までを完全に薬で塞ぎ、根っこの内部と外部とを遮断します。歯の根の治療を終えたら、金属などを使って土台をセットし、被せ物を接着します。

  • C4の治療
    C4の治療

    歯冠部のほとんどが溶け、歯の根の部分だけが残っている状態です。既に歯髄(歯の神経)が死んでいるので、強い痛みはありません。ここまで来ると、もはや治療することはできません。早く歯を抜いて、傷の治りを待ち、歯が無くなったところをどのようにして噛めるようにするかを考えます(入れ歯、ブリッジ、インプラントなど)。

痛みに配慮した歯科治療

当院では、皆様の恐怖感や痛みを少しでも緩和し、より快適な治療となるように注意を払って痛みの少ない治療を心がけています。また、麻酔注射が必要と判断した場合でも、「電動麻酔器」を用いることで、ゆっくりと一定の圧力で麻酔薬剤の注入を行い、麻酔時の不快な圧力や痛みを軽減いたします。

但し、痛みの感じ方には個人差がございます。予めご了承下さい。

C2の治療

サリバテスト(唾液検査)

サリバテストについて

サリバテストを行うことで、お口の中の特徴や虫歯の原因検査、虫歯のリスク評価を知ることができます。また、検査結果に基づき、虫歯になる可能性を大幅に下げることができる、あなただけの「予防プログラム」をご提案いたします。

サリバテストをご希望の場合は、担当医にお申し付けください。

唾液検査の内容

1 カウンセリングを行った後、唾液の分泌量を調べます

唾液は歯と歯肉の健康を守っているため、唾液の分泌量が多いほど歯にとって有利に働きます。唾液の分泌量の検査では、5分間ガムを噛んでいただき、どのくらいの量の唾液が出るかを、計量カップに溜めて調べます。

唾液の分泌量が多いと有利に働く作用

  • 口の中の食べ物を早く洗い流す
  • 歯の質を強化する
  • 抗菌作用が働く

2 口腔内の中和力を調べます。

通常、お口の中は中性ですが、飲食をすることで酸性に傾くため、酸により歯が溶けやすくなります。酸性に傾いた状態から中性に戻る時間を調べることで、歯が溶けやすい環境かどうかを調べます。中和力の検査では、唾液を試験紙に1滴落とし、5分後にどれくらい中性に近づくかを調べます。

中和力が低下していることが多いのは…
幼児や妊婦、病気のために薬を飲み続けている人、よく噛むことができない人などでは、中和力の低下していることが多いと言われます。

3 虫歯菌の数を調べます。

虫歯にはたくさん種類がありますが、そのなかでも虫歯を引き起こす「ミュータンス菌」と虫歯を進行させる「ラクトバチラス菌」という2種類の菌の数が重要です。お口の中にいる菌を採取して培養し、虫歯菌の数を調べます。

虫歯菌の数について
一般的に虫歯菌が多いと虫歯になりやすく、少ないと虫歯になりにくいと言われています。虫歯菌を根絶するのは困難ですが、ミュータンス菌など虫歯菌の働きを抑えることで虫歯になりにくい環境にすることが大切です。