メニュー
なかはら歯科クリニック|江南市|一般歯科・小児歯科・歯周病治療・インプラント
お電話はこちらから 0587-51-1888

インプラント

インプラント

インプラントについて

インプラント

インプラント(人工歯根)は、虫歯や歯周病などによって歯が抜け落ちてしまった歯の歯槽骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込んで、そのネジを土台にしてアバットメント(連結部)、および上部構造(人工歯)を装着する治療法です。1本の歯が無くなったケースから全部の歯が無くなったケースまで、適用が可能です。また入れ歯のような取り外しも不要で、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要がありません。見た目も自然で、自分の歯と同じようにものが食べられます。

インプラントのメリット&デメリット
メリット
  • 「取り外し」の必要が無い
  • 本物の歯のように噛める
  • 本物の歯のような見た目を再現できる
  • ブリッジのように歯を削らずに済む
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 発音や発声への影響が極めて少ない
デメリット
  • 保険がきかないため、費用は割高になる
  • 外科処置が必要
  • 全身疾患がある場合など、この治療ができないケースがある
  • 治療に時間がかかる(3ヶ月以上)

歯が無いことによるリスク

歯を一本失うことは、単にその歯が部分的に無くなるだけでは済まず、両隣の歯がそれぞれ歯の無い方向に傾き、歯列全体に狂いが生じます。長期にわたって歯の無い状態を放置すると隣の歯、さらにその隣の歯といった具合に、次々と歯を失ってしまうケースも少なくありません。噛み合わせや顎の動きはもちろん、顔の表情まで変えてしまうことにつながり、残っている歯の負担が増えて大きなマイナス要因となります。

当院のインプラント治療

使用するインプラントは、世界70ヶ国以上に歯科用インプラント関連製品を提供しているグローバル企業「ストローマン社」の製品を使用しております。ストローマン社は、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持つインプラントメーカーで、世界で500万人以上の患者さんが、このストローマンのインプラントによる治療を受けており、高い成功率が報告されています。

ストローマン・ジャパン

歯科用CTを活用したインプラント治療

3DCT/セファログラム装置「Pan eXam Plus」3DCT/セファログラム装置「Pan eXam Plus」

歯科用CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)とは、歯科診療用に特化したCT装置です。歯科用CTを用いて、頭頸部の周囲から位置や方向を変えながらX線を照射して撮影し、取得したデータをコンピュータで計算処理することによって、3次元画像や断層写真を短時間で得ることが可能です。

当院では歯科用CTを用いることで、インプラントの埋入部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)や神経・血管の走行位置などの検査を術前後に行い、綿密な治療計画を立て、術後は埋め込まれたインプラントや顎の骨の状態を確認することで、より安全で的確な治療を目指しております。

インプラント治療の大まかな流れ

1 歯や顎骨の状態に関する検査

歯や顎骨の状態に関する検査

専用の検査器具やX線撮影、CTなどにより、歯や顎骨の状態を詳しく調べます。

2 お口の状態のご説明・治療計画のご案内

お口の状態のご説明・治療計画のご案内

歯や顎骨など、口腔内がどんな状態なのかをご説明し、インプラント治療の計画の流れをご案内いたします。十分にご理解・ご納得いただいてから、治療を開始いたします。

3 インプラント体の埋め込み手術

インプラント体の埋め込み手術

局所麻酔を行い、インプラント体を顎骨に埋め込みます。インプラントと顎骨の結合には、通常3~6ヶ月くらいを要します(インプラント体の種類、骨の健康状態、体調などによって異なってきます)。

4 上部構造(人工歯)を装着

上部構造(人工歯)を装着

顎骨と結合したことを確認したインプラント体に、アバットメント(人工歯とインプラントを連結させる支台)を取り付け、そこに人工歯を装着します。

5 メンテナンス

メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、天然歯同様よくお手入れしてください。また、歯科医院での定期検診や歯のクリーニングをお受けください。

当院のインプラント料金表

インプラント費用
精密検査
(セファロ、模型、CT)
30,000円
インプラント埋入 230,000円
オペ準備金 5,000円
二次オペ
(単純)
10,000円
二次オペ
(複雑 APF併用)
20,000円
FGG 50,000円
CTG 50,000円
GBR 100,000円
ソケットリフト 50,000円
カスタムアバット 50,000円
ソリッドアバットメント 30,000円
スクリューTEK(仮歯) 20,000円
エムドゲイン 70,000円
オールオン4オペ 1,600,000円
オールオン6オペ 2,000,000円
オールオン4、6
上部構造デンチャーティース
500,000円
オールオン4、6
上部構造ハイブリッド
900,000円

ひとりひとりの幸せを考え、治療方法をご提案

歯を失ってしまった際に考えられる治療方法の一つに、インプラント治療があります。当院では長期的な視点で、ひとりひとりの幸せを考えた上で治療方法をご提案し、お口の機能回復をサポートいたします。

歯を失ってしまった方へ なかはら歯科クリニック監修

医療控除について

インプラントの治療費は医療控除対象です。その年の1月1日から12月31日までの1年間で、医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの範囲で、ご家族で年間合計10万円を超える場合(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額)、医療控除を受けることができます。

医療費控除の対象

歯科受診の保険診療・自費診療及び交通費。

美容を目的とした矯正治療、歯ブラシや歯磨き粉などの物品購入は対象外となります。

支払った医療費が医療控除の対象になるかにつきましては、最寄りの税務署でご確認ください。

医療控除の手続き方法

医療費控除を受けるには、確定申告が必要です。確定申告の期間は、毎年2月中旬~3月下旬に行われ、還付申告は1月から可能です。申告書は国税局のホームページまたは市町村窓口、税務署で配布されていますので、必要事項を記載し申告書を所轄税務署長に対して提出してください。

その他、医療控除で必要なもの
  • 医療費の領収書
  • 利用した公共交通機関の料金・経路
  • 源泉徴収票の原本(給与所得者の場合)
  • 医療控除の内訳書
  • マイナンバー
  • 本人確認書類の提示又は写し
  • 印鑑
  • 通帳
  • 保険金などで補てんされる金額がわかるもの

医療控除についての最新の情報や詳細は、国税局のホームページまたは最寄りの税務署までお問い合わせください。