メニュー
なかはら歯科クリニック|江南市|一般歯科・小児歯科・歯周病治療・インプラント
お電話はこちらから 0587-51-1888

矯正歯科

矯正歯科について

矯正歯科とは

矯正歯科

矯正歯科とは、悪い噛み合わせや、不適切な歯並びを治す診療科です。
矯正装置を用いて、歯に一定の力を加えることにより、人工的に正しい位置まで動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、正常な噛み合わせになるよう修正します。

矯正治療の効果

悪い歯並びや噛み合わせは、歯の磨き残しがしやすくなるため、虫歯や歯周病のほか、胃腸に負担がかかることがあります。また、顎関節症や片頭痛、肩こり、腰痛など、全身の機能をおかしくすることも少なくありません。

よく見受けられる症状

下記のような症状が当てはまる方、歯並びを良くしたい方は、お気軽にご相談ください。

下顎前突

下顎前突 下の前歯が、上の前歯よりも前に出ている。

上顎前突・下顎後退

上顎前突・下顎後退 上の前歯が、前に突出している、または下顎が後退している。

開咬

開咬 歯を噛み合わせた時に、前歯が噛み合わずに、開いてしまう。

当院の主な矯正治療

当院では、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、床矯正、インプラント矯正、部分矯正(MTM)を行っております。小児矯正から成人矯正まで、気軽にご相談ください。ご要望を伺ったうえ、精密検査をしっかりと行い、最良の治療をご提案いたします。

ワイヤー矯正
ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤーを使った、標準的な矯正法です。
歯の表面や裏側にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して力をかけることで、少しずつ歯を動かしていきます。矯正中は見た目を気にされる方も多いと思いますが、金属のブラケットの代わりに透明なプラスチックやセラミックを用いるなど、見た目に影響の少ないワイヤー矯正もご用意しております。

マウスピース矯正
マウスピース矯正

歯型を取って、透明なマウスピースを作製し、歯列に被せて歯を移動させる矯正です。装着しても目立たず、自分で脱着できるため、食事も歯磨きもいつも通りに行えます。使用するマウスピースの数は、矯正の難易度などにより異なりますが、1人あたり大体20~60個です。

床矯正
床矯正

入れ歯に似た形をした取り外し可能な装置を使って行う矯正です。
床矯正では、歯を無理やり動かすのではなく、装置についているネジを回して顎を拡げることで矯正をおこないますので、痛みはほとんど無く、また治療後の後戻りの心配もありません。

インプラント矯正
インプラント矯正

インプラント矯正は、インプラントの技術を活かした矯正方法で、矯正専用に開発されたインプラントを顎の骨に埋め込み、このインプラントを支点に動かしたい歯を引っ張って矯正を行う方法です。歯がスムーズに動きやすいため、治療期間が短縮できるのがメリットです。

部分矯正(MTM)
部分矯正(MTM)

1本~数本に動かす歯を限定して行う矯正です。
すべての症例で有効というわけではありませんが、補綴治療やインプラント治療と組み合わせると比較的短期間で改善できるため、歯の位置や傾斜など、歯並びの一部を修正する場合や隙間が開いている前歯を移動させる場合などに有効です。

小児矯正
小児矯正

子どもの悪い歯並びや噛み合わせは、将来、虫歯や歯周病になりやすくなるだけでなく、正しい顎の成長の妨げになることがあります。また、矯正を開始する時期も大人と違い、始めるのに適した時期があります。乳歯から永久歯に生え変わる時期、つまり小学校に上がる頃に始めると、永久歯が生え揃う前に矯正に必要な歯のスペースを十分に確保することができますので、顎の成長をある程度コントロールしながら矯正を行うことできます。小学校に入学する頃、お子様の歯並びや顎の噛み合わせが気になる場合は、まずは気軽にご相談ください。

矯正治療の流れ

1 相談

相談

悪い歯並びや噛み合せでお悩みのことを伺った上で、矯正治療の概要について説明を行います。

2 精密検査

精密検査

お顔やお口の中の写真・セファログラムを用いたレントゲン写真撮影、問診、各種検査などを行います。この結果を元に、治療計画を作成します。

3 診断

診断

精密検査の結果をもとに、現状、治療方法、治療期間、治療費などを詳しく説明を行います。

4 矯正治療

1期治療
(小児矯正)
1期治療では、永久歯がきちんと生えそろうよう舌癖を治し、噛み合わせや顎の形・大きさを整える治療を行います。治療後は、永久歯が生えそろうまで定期的な経過観察を行い、2期治療が開始できると判断した後、治療を行います。
2期治療
(成人矯正)
2期治療では、矯正装置をつけて本格的に歯を動かします。

矯正治療を開始する時期によって、1期治療と2期治療に分かれます。永久歯が生え揃う前の小児矯正の場合、1期治療を行った後に2期治療を行います。成人矯正は、2期治療から開始します。

5 保定治療

保定治療

矯正装置をはずした後、歯は後戻りで元の位置に戻ろうとします。
そのため、矯正治療後2年程度は歯の後戻りを防ぐため、保定装置を使って理想的な位置に安定するまで経過観察を行います。

6 治療終了

治療終了

歯が理想的な位置で安定したら、治療終了です。

セファログラムについて

3DCT/セファログラム装置「Pan eXam Plus」3DCT/セファログラム装置「Pan eXam Plus」

当院では、矯正歯科治療の診断に不可欠な「セファログラム(頭部X線規格写真)」を導入しております。この機器を用いてしっかり検査することにより、上下の顎の大きさやそのズレ、顎や唇の形態、歯の傾斜、口元のバランスなどを正確に測定することができ、より適切な矯正治療が可能になります。

矯正歯科料金表

1期治療(小児矯正)
価格
プレオルソ(マウスピース矯正) 100,000円
1装置 150,000円
2装置 200,000円
3装置 250,000円
2期治療(成人矯正)
価格
検査診断料 30,000円
MBS(ブラケット治療) 750,000円
インビザライン(マウスピース矯正) 750,000円
保定治療 50,000円

医療控除について

インプラントの治療費は医療控除対象です。その年の1月1日から12月31日までの1年間で、医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの範囲で、ご家族で年間合計10万円を超える場合(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額)、医療控除を受けることができます。

医療費控除の対象

歯科受診の保険診療・自費診療及び交通費。

美容を目的とした矯正治療、歯ブラシや歯磨き粉などの物品購入は対象外となります。

支払った医療費が医療控除の対象になるかにつきましては、最寄りの税務署でご確認ください。

医療控除の手続き方法

医療費控除を受けるには、確定申告が必要です。確定申告の期間は、毎年2月中旬~3月下旬に行われ、還付申告は1月から可能です。申告書は国税局のホームページまたは市町村窓口、税務署で配布されていますので、必要事項を記載し申告書を所轄税務署長に対して提出してください。

その他、医療控除で必要なもの
  • 医療費の領収書
  • 利用した公共交通機関の料金・経路
  • 源泉徴収票の原本(給与所得者の場合)
  • 医療控除の内訳書
  • マイナンバー
  • 本人確認書類の提示又は写し
  • 印鑑
  • 通帳
  • 保険金などで補?される金額がわかるもの

医療控除についての最新の情報や詳細は、国税局のホームページまたは最寄りの税務署までお問い合わせください。