メニュー
なかはら歯科クリニック|江南市|一般歯科・小児歯科・歯周病治療・インプラント
お電話はこちらから 0587-51-1888

小児歯科

小児歯科

小児歯科について

小児歯科

小児歯科は、お子様の虫歯の治療・予防方針を立て、乳歯を経て永久歯が生え揃うまでのお口の健康管理を行う診療科です。お子様の歯の発育に関する健康相談にも応じておりますので、気軽にご相談ください。

当院の小児歯科

当院では、年齢・成長・小児特有の治療背景を踏まえた治療のほか、将来、お口のトラブルが少なく、また健全な食生活を送れるように、乳歯の頃からしっかりお口の環境を整える診療を行っております。

乳歯の虫歯治療

乳歯は、永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、健全な食生活を送れるようにするためにも、乳歯の頃からのしっかりした治療が欠かせません。
乳歯の虫歯も、いずれ生え変わるのだからと言って、放置しないことが大切です。

乳歯の役割

  • 食物を噛む(消化を助け、成長を促す)
  • 言葉の発音を助ける(正しい発音を身につける)
  • 顔や顎の形を整える
  • 永久歯が正しく生えるように導く(歯並びを整える)
小児の虫歯予防

「フッ素塗布」や「シーラント」などで歯質強化を図りながら、また個別にブラッシング指導(保護者による「仕上げ磨き」のポイントを含む)を行うことによってお子様の大事な歯を守るとともに、その健やかな成長サポートを行います。

フッ素塗布

フッ素は、虫歯菌が出す「酸」に対抗する強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めます。乳歯や生え変わったばかりの永久歯には、特に効果的です。
また、初期の虫歯を再石灰化して修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラント

幼いうちは奥歯の溝が深く形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。

小児虫歯の起こりやすい場所と年齢

小児虫歯の特徴は、年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあることです。年齢に応じた虫歯になりやすい場所を知った上でケアすることは、小児の虫歯予防の大切なポイントです。

  • 1~2歳にかけて:上の前歯
  • 2~3歳:奥歯の噛み合わせの溝
  • 4歳頃:一番奥とその手前の奥歯の接している部分
  • 6歳前後:生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯と言います)の溝